工藤良は元暴走族で保護施設理事!経歴や犯罪歴は?結婚や子供は?【逆転人生】

2019年11月18日(月曜)に放送されるNHK【逆転人生】に元暴走族の総長で現在は青少年たちの更生保護施設を運営されている『工藤良』さんが登場します!

強面な見た目からは想像がつかないですが、とっても素晴らしい方なんです!工藤良さんも実際に社会からドロップアウトして暴力や薬物などに手を染めていったといいます。

そんな工藤良さんの犯罪歴はどんなものがあるのか?結婚して子供はいるのか?運営している施設とはどんな場所なのか?など色々気になるので調べてみたいと思います( *´艸`)

最後までどうぞお付き合いくださいませ!

元暴走族総長『工藤良』のプロフィールは?/逆転人生

まずは工藤良さんのプロフィールからまとめてみます!

工藤良さんのプロフィール

名前:工藤 良 (くどう りょう)

生年月日:1977年(昭和52年)

年齢:42歳?(2019年時点)

工藤良さんの犯罪歴は?

工藤良さんは暴行罪や窃盗罪、薬物使用に恐喝など様々な犯罪歴がありましたね。

暴力団とのかかわりも深かったそうですので今ならさらに罪は重くなっていそうですので、たぶん全然違う人生を歩んでしまっているんじゃないかと思いました(;’∀’)

工藤良さんの結婚や子供に関して

出典:毎日新聞.jp

工藤良さんは20歳の時に結婚していました。

奥さんは優希(ゆうき)さん、子供は娘の梨蘭(りらん)さんです。

優希さんは保護施設で女の子を担当しているそうです!

工藤良さんのお母さんは朝代(あさよ)さんです!

元暴走族総長『工藤良』の経歴は?/逆転人生

工藤さんは炭鉱の町として栄えた福岡県田川市に生まれました。

生まれた1977年頃には炭鉱はすでに閉山していた時期でしたが、炭鉱閉山後でも荒っぽい労働者たちは残っていたといいます。

そして工藤一家が暮らす団地の中では違法な賭場が開かれ、定職に就かなかった工藤さんの父親はギャンブルにのめりこんで借金を作っていったそうです!

工藤良さんが小学2年生の時に両親は離婚し、父親が出ていきました。母親の朝代(あさよ)さんは工藤良さんと6歳年下の弟さんを育てるためにスナック勤めを始められ、帰ってくるのはいつも深夜だったそうです。

そしてこの頃から工藤さんはグレ始めます…。

工藤良さんがグレて非行を繰り返す日々

工藤さんは仲間を従えては暴れまわり、授業を妨害したりしました。小学5年生でスクーターを乗り回し、中学2年生になる頃には地元に出来た暴走族のチーム「極連會(ごくれんかい)」の最年少メンバーとなりました。

「集まって騒いで、その日が楽しければ良かった」とほかの暴走族との抗争や乱闘を繰り返してシンナーも覚えたそうです。

中学3年生の頃には窃盗と恐喝で保護観察処分になり、高校にも進学せず17歳で3代目総長に就きました。

暴走行為で初めて逮捕されたのは18歳。総長は引退しましたが少年院を出所するとすぐに仲間たちの元へ戻ったそうです。

21歳の時に友人の紹介で知り合った優希(ゆうき)さんと結婚、長女の梨蘭(りらん)さんが生まれ「今度こそ真面目になろう」と決意し、建設現場で働き始めるものの長続きはしませんでした。

それでころか、覚せい剤の密売に手を染め暴力団と暴走族をつなぐパイプ役になっていたそうです!「こんな父親いないほうが良い!」と妻の優希さんは娘を連れて家を出られました。

その後、工藤良さんの生活は荒れて覚せい剤の使用で2度目の逮捕となったという事です。

拘留されていた警察署の留置場で後悔と孤独が押し寄せた工藤さんは「仲間をもとのレールに戻すから、あと1回だけチャンスをください」と離婚を告げるつもりで面会に来た妻と母に頭を下げたそうです。

23歳の春に執行猶予付きの有罪判決を受けて釈放された工藤さんは「1人で抜けた」という負い目から外出をしなくなったそうです。

夜中に階段から足音が響いてくると「俺を恨んでいる奴が殺しに来た」と妄想にかられて自殺しようと包丁に手をかけることも度々あったといいます。

立ち直るためにお寺で修業することに

「自分は心が弱いから修業して鍛えなおしたい」と思い詰めた工藤さんは地元にある「正法寺」というお寺に出向きました。

そこは工藤さんと同じように不良少年になっていた弟さんの保護司を務めていた住職の長野量一さんを訪ねます。そして毎週土曜日に本堂で30分座禅を組んだ後にする長野さんとのとりとめない話が工藤良さんを救ったそうです。

ここでは、両親が離婚した後に幼い弟とお留守番をしている時は近所のおじいちゃんやおばあちゃんが様子を見に来てくれたこと、総長時代は心配した母の朝代さんが車で「正月走り」についてきてくれた事などを振り返りました。

「居場所がないと思って暴れまわっていたけれど、いつも心配してくれる人が近くにいた」と工藤さんは思ったそうです。

更生保護施設を作るきっかけ

更生を決意して2年ほどたった時に工藤さんは2002年春ごろに働いていた建設会社の10トントラックを運転中に川岸の土手が崩れトラックごと転がり落ちて背骨に日々が入る大けがを負いました!

病院のベッドで「死んでいたかもしれない」と考えた工藤さんは疎遠になっていた仲間たちと向き合う勇気が湧いたといいます。

極連會のリーダー核のメンバーとひとりひとり会って話をし、チームを解散するように説得する工藤さんは「放っておいたら後戻りする」と解散後も一緒に活動ができるとうに考え、迷惑をかけた地元で何か罪滅ぼしがしたいとボランティア団体の設立を思いつき、出身小学校で出会った山下晃司さんに相談し、なんと地元の田川警察署で極連會の解散式をしてその場で「GOKURENKAI」という名のボランティア団体を発足させたそうです!

その後は地元の祭りなどでゴミ拾いや自分たちが落書きをして回ったトンネルなどの清掃を続け、メディアにも注目されました。

その活躍を見た視聴者の中には問題を抱える子供の親からの相談が寄せられ、講演会の依頼も殺到したそうです。

工藤さんは仕事の傍ら、深夜にコンビニでたむろしている少年らに「飯を食いに来い」と声をかけて自宅に招いたり住職の長野さんに頼んで家出をした少女を正法寺に預けたりして問題を抱えた子供たちを個人的に支援すようになったといいます。

やがてアパートを1棟借り上げて24時間いつでも駆け込めるシェルターの運営にまで乗り出されました!

一度は見放した妻の優希さんも夫の更生を喜び、一緒に泊まり込んで支援してくれたそうです!2005年には全国で2か所目の更生保護施設となる『田川ふれ愛義塾』を作られました!

その後、2008年には本格的に更生保護活動に取り組むためNPO法人「TFG」を設立!運営する塾は少年専門の更生保護施設として法務省から認可され、公的な補助まで受けられるようになったそうです!

いや~、本当にドラマのようなお話ですよね(;´・ω・)

こんな現実があるんだと痛感させられました。普通の家庭で普通に愛情を受けて成長してきた自分がいかに運が良かったかと思うと日々感謝して生きなければいかんなぁと思いました。

子供は本当に愛情をかけてやれば非行になんて走らないという事でしょう!

そんな工藤先生の施設についてみていきます!

工藤良さんの福岡県『田川ふれ愛義塾』の場所は?/逆転人生

住所:〒825-0002 福岡県田川市大字伊田1524-3

こちらが施設の場所ですね。

とってものどかで気持ち良い場所にあるんですね!

『工藤良』の活動や書籍は?

こちらは工藤良さんが書いた書籍になります

書籍の出版はもちろんですが、現在でも非行に走る少年少女と向き合って保護者への相談事業やフリースクール事業をされています。

講演会も定期的に行われているそうですので気になる方はぜひ一度足を運ばれてはいかがでしょうか?

特定非営利活動団体「TFG」はこちらです 

元暴走族総長『工藤良』についてのまとめ/逆転人生

いかがでしたか?

今回は少年更生保護施設を運営する元暴走族総長『工藤良』さんに関して調べてみました!

スーツ姿で登壇している工藤良さんを見て、元暴走族総長だったという事なんて絶対に分かりませんよね(;’∀’)本当に日々少年少女を救っていると思うと頭が下がります…。

核家族化やスマホの普及で家庭内の会話が無いという状況は年々増えている現代社会において工藤さんのような活動をしている人はこれからますます貴重な存在になるでしょう。

今後の活躍にさらに注目が集まりそうですね!

最後までご覧頂きありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする