川瀬宙夢は筑波大学9区の医学部5年生!で経歴や高校はどこ?【箱根駅伝】

2020年令和初の箱根駅伝で凄いランナーが登場しました!

選手の名前は『川瀬宙夢』さん!筑波大学医学部で現在5年生、進学校で勉強に励みながら箱根駅伝に出場したのは本当に凄いですよね!経歴や高校はどこだったのか?など色々気になります!

26年ぶりに箱根駅伝に出場した筑波大学の医学部5年生、当日の選手変更で出場することになった『川瀬宙夢』さんにかんしてまとめてみます!

『川瀬宙夢(かわせひろむ)』のプロフィールは?/箱根駅伝2020

出典:ツイッター

名前:川瀬 宙夢 (かわせ ひろむ)

生年月日:1995年9月15日(2019年時点)

年齢:24歳

出身:愛知県刈谷市

所属:筑波大学医学部(5年生)

『川瀬宙夢(かわせひろむ)』の経歴や学歴は?/箱根駅伝2020

『川瀬宙夢(かわせひろむ)』さんは現在「筑波大学」の医学部5年生として勉強に励んでいます!

2018年度には筑波大学駅伝チームの主将を務めていました!

川瀬宙夢選手の出身高校は『愛知県立 刈谷高等学校』です。

刈谷高等学校の偏差値はなんと70!

しかも学校の方針は文武両道!という事で勉強もスポーツなどもしっかりこなせるようにという教育方針の学校なんです( *´艸`)

そんなスポーツも盛んな高校で川瀬宙夢選手は陸上部に所属され、高校3年生の時には3000mの障害でインターハイに出場しました!結果的には予選で失格となってしまいます、川瀬選手は高校で陸上をやめると思っていたそうですが、大学でも陸上を続ける選択をされました。

『川瀬宙夢』が筑波大学を選んだ理由は?/箱根駅伝2020

川瀬宙夢選手が筑波大学を選んだ理由が気になりますよね!

実は川瀬選手は高校時代の陸上選手としての実力をかわれて幾つかの大学から誘いを受けていたそうですが、将来は「医者になる」のが夢だったのですべての大学の勧誘を断ったそうです。

そして筑波大学を選んだ理由としては…

  • 陸上競技が出来る(陸上競技の強豪校が関東に集中しているため)
  • 医者を目指せる大学である
  • 経済的な理由

というのが主な理由です。

なので国立大学一択だったと川瀬選手は言っています。そして一浪はしたものの無事に筑波大学へ入学されました!(一浪したため5年生で24歳)

箱根駅伝を目指した理由は?

川瀬選手は高校3年生で出場したインターハイでの予選敗退がキッカケで大学でも陸上を続けようと決めたといいます。

ですが、筑波大学に入学した時には箱根駅伝は別

世界で出場できるわけがない、憧れはあるが無理だろうと思っていました。

他の学生たちも箱根駅伝は夢のまた夢だと思っている中、川瀬選手は「箱根駅伝に出たい」という話し合いの場を持ったそうです。

その話し合いの結果、当時の駅伝主将を含めた約10名が離れてしまいます。しかし、代わりに本気で箱根駅伝を目指すと決めた選手たちだけが残り今回の箱根駅伝出場を決めたそうです!

なんかとってもドラマチックですね♪

川瀬宙夢選手はポケモンが好きすぎる!

気になって川瀬宙夢選手のツイッターを見てみたら半分くらいポケモンの話でした笑

勉強が出来て、足が速くて、ポケモンすげぇ…とか本当に色々凄いですw