『ふっこう割』でまだ年末年始に間に合う福島や全国の宿はどこ?やり方は?

2019年12月に福島県・長野県は宿泊代金を1人1泊につき5000円を補助する『ふっこう割』を12月中に開始すると発表しました!

1泊5000円も補助できるという凄い企画は福島県や長野県で一番最初に展開されるようです!2019年の年末、2020年のお正月にもまだ間に合う『ふっこう割』はどんな旅館やホテルが適用されるのか?申請方法のやり方など色々気になりますので調べてまとめていきたいと思います♪

まだ年末年始の予定が決まっていない方も参考程度に最後までご覧くださいませ(^^)/

2019年福島県の『ふっこう割』の内容とは?

今回福島県が発表した『ふっこう割』についてまとめてみましょう!

特徴としては…

  • 1泊6000円以上の宿泊費のうち5000円を補助
  • 期間は2020年2月末まで
  • 日本人旅行者は3泊(15000円まで)
  • 外国人旅行者は10泊(50000円まで)
  • ふっこう割の予算は総額3億5000万円!

という事でした!予算が3億5000万円って(◎_◎;)とんでもない数字ですね…。人数に換算すると約6万4000人分だそうですよ!これは確実に行ける可能性がありますねw

2019年~2020年『ふっこう割』利用方法は?

気になる利用方法をまとめてみましょう!

まず、対象となる旅行内容についてですが…

  1. 実施計画の承認を受けた県内外の旅行会社が販売する募集型旅行商品を購入して実施する旅行
  2. 承認を受けた旅行会社に依頼して組み立てるオーダーメイド型(受注型)の旅行商品

以上の2つが対象条件でした!

そしてこの『ふっこう割』が対象にならない旅行もあります↓

OTA (Online Travel Agent)や手配旅行(宿の予約のみ、交通手段+宿の予約のみ)の商品は「ふっこう割」の支援対象外

こちらがその条件です!

簡単に言えば、じゃらんや楽天トラベルなどの大手旅行会社では取り扱いが無い!という事です!理由は、復興が目的!という一言ですね。ビジネス目的ではないので大手旅行会社は対象外になっているそうです。

ん~個人的には残念ですが、復興が目的!と言われたらやむなし!!

お得に泊まれるならポイント還元率より相当お得ですから♪

『ふっこう割』に必要な手続きとは?

今回の福島県が発表したふっこう割についての説明文を見る限りでは旅行をする人は面倒な手続きは一切ないそうです!

ふっこう割が適用される旅行会社に旅行を申し込めば割引が適用されるという事でした!

2019~2020年のふっこう割対象地域はどこ?

福島県が発表した『ふっこう割』の対象地域はなんと『福島県全域』でした!

これなら県境近くの旅館でも可能なので他県と組み合わせて旅行の準備を決めるのも楽しいですね♪

長野県も2019年内には販売を開始したい!という事ですし、ほかの関東~東北までの地域もふっこう割を実施する空気が漂っているので2県3県またいでする旅行も充実しているかもです(^^)/

まだ間に合う年末年始の宿はどこにある?

一番重要な宿泊施設ですが、先ほどお知らせした通り国から承認を得ている旅行会社経由で申し込めば『ふっこう割』が適用された料金で泊まることが出来るそうです♪

その旅行会社の一覧はこちらから確認できます↓

『ANTA県内加盟店一覧』はこちら!(PDFファイルが開きます)

申し込み方法や対象の店舗に関しては順次発表されるという事ですのでおとなしく待つしかなさそうですね…。

ふっこう割が適用されますよ~!なんて簡単に書いてあるサイトは怪しいのでご注意くださいませwww

『ふっこう割』意外に安くなる方法は?

実は各社色々な形でふっこう割引を実施していました!

自分は今回調べて初めて知りましたが、結構お得なクーポンがありました!

しかも早い者勝ちなのでタイミングが合えば2000~5000円程度の割引も受けられるクーポンがありますね( *´艸`)

ぜひ一度覗いてみてください↓

東日本を旅行で応援しよう!
宿泊割引クーポン配布中!https://travel.rakuten.co.jp/special/prj/201910/

『ふっこう割』でまだ間に合う福島や全国の宿の利用方法などのまとめ

いかがでしたか?

今回は2019年12月に福島県から始まる『ふっこう割』の利用方法や対象の旅行会社に関して調べてみました!

まだまだ始まったばかりなので情報が少ないです泣

毎日更新していきますのでこちらの記事はブックマークして要チェックしてくださいませ(^^)/情報収集頑張りたいと思います( *´艸`)

最後までご覧頂きありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする