男性漫画家

天才漫画家!藤本タツキの読み切り「姉の妹」が良い!作品や経歴・年収・性別は?

2019年5月2日のツイッターのトレンドワードに突如現れた「藤本タツキ」

調べてみると漫画家の方で、作品を拝見したらとっても良かったのです!という事で気になって過去の作品や経歴などを調査してみましたよ♪

では!ご一緒にご覧くださいませ!

 

藤本タツキさん経歴

生年月日:1992年(27歳?)

出身:秋田県にかほ市

職業:漫画家

活動開始:2013年~

ジャンル:少年漫画

 

なんと!若干27歳の若手漫画家さんなんですね!

見た目の雰囲気からはベテランの空気を感じてしまいますw

ご出身は秋田県で、最終学歴は東北芸術工科大学・美術科洋画コース卒という事です!

高校卒業後は上京せず、出身地の秋田県のお隣の山形県にある大学に通われていたようですね。

読み切りマンガ「姉の妹」が凄い

トレンド入りした要因として、この作品が掲載されたのだと思われます!

 

現在、少年ジャンプの無料マンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」にて読むことが出来ます!

「姉の妹」の感想ツイート!


いや~、盛り上がってますね!最近人気急上昇中の藤本タツキさんですがこの作品からまたファンが増える事は確実かと思います。

自分には妹がいますが共感できる部分が非常に多いですし、当時ケンカしたりした時の理由ってこんな感じだったのかな?とか。

近い存在だからこそ気付きにくい事もあったなぁとか…。

皆さんにオススメしたい作品ですが、特に弟・妹がいる人には是非読んで頂きたい作品だと思いました(^^♪

 

漫画家への道のり

そんな素敵な作品を生み出した藤本タツキ先生ですが

過去のインタビュー記事をまとめてみますと…

物語を創造する事に目覚めた学生時代

小さい頃は油絵を描くことが大好きだった先生ですが、それ以上に「物語」を考え、作り上げるのが大好きという事に気付いたそうです!

中学生の頃にはご自身の頭の中で7作品くらい自分の漫画を連載していたとか笑

頭の中の作品タイトルは「星の息吹」「微生物伝」「ファイアソード」…など。現在の作品の元になったと言われたらそうとしか思えないようなタイトルですね笑

そしてその作品たちはちゃんと完結まで連載していたようでw

連載終了の際には自分で感動して涙が出そうになったとか‼でお、授業中だったため「涙を流すと弱い男だと思われてイジメられそう」と思って我慢していたそうですよ笑

その作品の中でも面白くないものは自分で打ち切りにしたり!頭の中で少年藤本ジャンプ的な雑誌があったんでしょうね~

やはり売れる漫画家さんって何かありますよね…素晴らしい!

大学卒業後!

大学で洋画専攻コースを卒業したあとは無職状態で家賃2万円の家に住んでいたとか!(エアコンも無い部屋だったそうです)

2011年に「ジャンプS.Q.」に作品を投稿!

しかし、その作品は残念ながら最終候補止まりに終わったそうです。

ですがそこから藤本タツキさんに担当の編集者がついたそうで、当時の様子を語っています

「多くの作品がテンプレートに沿った作品を書く場合が多いが、藤本先生は全く逆で作品の内容は整っていなかったが『これが描きたい!』とい情熱がありました」

という事です!

やはりプロの編集者からみたら当時から気になってしまう漫画家だったんでしょうね♪

昔から続いていた頭の中の作品ですが、本格的に漫画家として活動してからも増え続けていたそうで、実際の作品も1週間に2~3本持っていくことがあったそうですね。

物語作りが得意というか、溢れだすような感じだったんでしょう。天才っていう人種の方々はみんなそんな感じですよね!

2013年より本格的に活動開始!

「恋は盲目」という作品で『クラウン新人賞漫画賞』をイキナリ受賞されてます!

2014年にはその作品が「ジャンプS.Q.19 Vol.14」に掲載されました!

2016年には当時、超話題作になった「ファイアパンチ」

2018年12月からは「少年ジャンプ」にて「チェーンソーマン」の連載が開始されました!

デビューからたった5~6年ですが飛ぶ鳥を落とす勢いとはまさにこの事ですね!

きっとこのままいけば今年~来年あたりアニメ化や映画化もたくさんされる事でしょうね♪期待して待ちたいと思います♪

 

藤本タツキさんの作品・関連動画は次へ!

1 2