減塩商品『昆布の水塩』が凄い!スプレー式で醤油の代わりに?【NHKがってん】

2019年9月25日に放送されるNHK【がってん】で減塩対策商品の特集が放送されます!

色々な減塩商品が発売されていますが、いったいどんな商品が特集されるんでしょうか(^^♪楽しみですね♪そして今回はメディアでも数多く取り上げられている減塩商品について調査したところ断トツで売れている商品が『昆布の水塩』です!

数年前から発売されていて、テレビなどで紹介されるとあという間に売り切れてしまうという…そんな気になる減塩商品を早速調査してみましょう♪

減塩商品『昆布の水塩』ってどんな商品?/がってん

今回放送で特集されるかは分かりませんが、この昆布の水塩が凄いんです!

『水塩』って何?

日本を代表する調味料と言えば『醤油』ですが、醤油が普及する前に『水塩』が使われていました!500~600年前の頃には海水を煮詰めて作る調理法があったと調査で分かっています。簡単に言うと、ミネラルが多く含まれている塩を水に溶かして使う調味料の事を水塩と呼ぶそうです!

『昆布の水塩』ってどんな商品?

『昆布の水塩』は古典的な調味料である水塩に昆布の旨味成分が配合された新しい調味料です!

昆布は北海道・道南産の「白口浜の真昆布」を使用しています

これは料理人の間でも重宝している昆布だそうです♪さらにシイタケや鰹節、ホタテが加わり相乗効果でうまみ成分が溢れんばかりだとか!

これは本当に気になりますね~

『昆布の水塩』の種類

『昆布の水塩』は数種類の濃度と携帯用があります

昆布の水塩シリーズ

キッチンに置いておくようの少し大きめなスプレータイプの調味料です!

『森』≒15%

塩分濃度は15% 150ml 税込1080円

昆布の旨味にハーブ&香辛料の香りを加えています

『海』≒17%

塩分濃度は17% 150ml 税込1080円

昆布・鰹節・ホタテ・シイタケの旨味を引き出した商品

『玄』≒25%

塩分濃度は約25% 150ml 税込1080円

「海」に藻塩を加えた商品

「ウマミタス」シリーズ

こちらは食卓にもアウトドアなどに持ち出す様のコンパクトサイズの商品です!

『プレミアム』

塩分濃度は17% 50ml 税込 540円

昆布・鰹節・ホタテ・シイタケの旨味を引き出した商品

『ハーブ』

塩分濃度は15% 50ml 税込 540円

昆布の旨味にハーブ&香辛料の香りを加えた商品

※こちらのウマミタスは現在取り扱いが無いようです(;´・ω・)使うなら調味料用のスプレーに詰め替えですね…。

タニタ TANITA 調味料スプレーポンプ KH-002 BK

楽天で購入

『昆布の水塩』詰め替え商品

昆布の水塩の森、海、玄の詰め替え用商品です

詰め替えパック 280ml 税込918円

いや~これはお安い!!

増税前に買いだめしても良いでしょうね…。

ちなみに前回テレビ番組で紹介した際には公式通販ページや楽天やアマゾンの通販で在庫が消滅したらしいです(;^ω^)

たしかに、こんなに安くて超減塩できるとなれば使わない手は無いですよね…。自分も早速ポチってしまいました笑

『昆布の水塩』の使い方は?

こちらは公式動画の3本になります。

実際にプロの料理人の方が使っていますが凄い参考になりますね♪

「フレンチシェフ」

「日本料理」

「中華料理」

いや~昆布の水塩ホントに凄いですね…。

中華料理屋ふれんちにも合うとは思いませんでした…。

使うとしたら刺身か厚焼き玉子かなぁなんて思いましたがさすがプロは違いますね笑

というか、これで50%以上も減塩効果があるなんて聞いたら早く使いたいです!

『昆布の水塩』販売している「松前屋」とは

昆布の水塩を販売している松前屋という会社を調べてみると、明治45年に初代とその弟さんが「松前昆布本舗」という名前で創業されました。松前屋の由来は昆布は北海道、北海道は松前ということからつけられたそうです。

100年以上にわたって原料から商品になるまで厳しい選別や技法を維持しているそうです!これはとても期待できる会社ですね♪

減塩商品『昆布の水塩』のまとめ/がってん

いかがでしたか?

今回特集されるかもしれない減塩商品「昆布の水塩」は考えに考え抜かれた日本古来からの調味料でした!

そこに松前屋の技術が加わってとっても魅了的な商品になっていましたね!というか値段が安くてビックリします(;^ω^) 醤油の代わりでも昆布や鰹節の旨味たっぷりということでかなり量は抑えて使う事ができそうです!

塩分過多で心配されている人にはぴったりでしょうね♪

ということで気になった方は是非一度ご賞味くださいませ♪感想もお待ちしています~♪

最後までご覧頂きありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする