安倍首相はいつから腰痛?持病の潰瘍性大腸炎との関係や辞任するほど痛いのか?

こんにちはこんばんは!トミーです(‘ω’)ノ

2020年8月28日金曜!ついに安倍首相が辞任することを発表されました。歴代最長就任記録を打ち立てた矢先でしたね…。そしてその辞任の理由が”持病の悪化”が原因とか!

元々、安倍首相は「潰瘍性大腸炎」という難病にも指定されている持病を患っていたそうです。さらに腰痛も関係しているという事らしいのですが、果たして持病と腰痛の関係は?職務を全うできないくらいの激痛という噂もあるので色々と調べてみたいと思います!

スポンサードリンク

安倍首相はいつから腰痛だった?

安倍首相は平成18年に戦後最年少の52歳で総理大臣に就任されています。その時にはすでに持病の「潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)」を患っていたそうです。

この時は潰瘍性大腸炎が悪化したという理由で在任期間366日で辞任されましたね!当時はストレスでお腹痛い~で辞めちゃった人とか雑に思ってましたね~苦笑

潰瘍性大腸炎の話は多く出てくるのですが、どうやらそれに伴って”腰痛”も酷かったらしいです。それについての記事を見つけました↓

「以前と比べ、報道陣の前に姿を現す時の足取りが重い。歩幅が狭く、ヨタヨタして見えると永田町で話題になっています。やはり、腰の痛みを我慢しているのかもしれません」(永田町関係者)

引用元:auヘッドライン

これについて”日刊ゲンダイ”の記事では首相官邸に戻るまでの乗車時間について調べていますね。

 実際、日刊ゲンダイが4月1日からの首相動静をチェックしたところ、体調を崩したとみられる7月上旬までは官邸から私邸までおおむね十数分で到着し、20分を超えたケースはごくまれだったのに、7月上旬以降は20分を超える日が目立ち、8月7日は34分もかかっている。

引用元:日刊ゲンダイ

身体に負担がかからないように車もゆっくり走らせていたのでは?という事みたいです。確かに車が揺れまくると腰痛にはかなり厳しいですもんね(;^ω^)

安倍首相が使っていた特効薬は「アサコール」

安倍首相は激痛を伴う潰瘍性大腸炎の特効薬として「アサコール」という薬を使っていたそうです。アサコールとは…

大腸で薬の成分を放出する薬剤です。炎症細胞より放出される活性酸素消去作用、ロイコトリエンB4産生抑制作用などにより大腸の炎症を抑え、腹痛、血便などを改善します。通常、潰瘍性大腸炎の治療に用いられます。

引用元:くすりのしおり

潰瘍性大腸炎にかなり効果のある薬だそうですが、副作用も凄いみたい…。しかも安倍首相はストレスや疲れからこの薬が効かなくなっていたみたいですね~。コロナ対応で本当に詰め込み過ぎてたんでしょうね。

自分は胃腸炎の薬を飲み過ぎていた過去がありますが、日に日に効果が薄れていくんですよね…。ホントにこれ共感できます。

スポンサードリンク

持病の潰瘍性大腸炎と腰痛の関係は?

安倍首相の持病である「潰瘍性大腸炎」についてまとめておきます!

※潰瘍性大腸炎は指定難病です

潰瘍性大腸炎とは…

免疫の異常により大腸の粘膜に炎症が起こり下痢や血便を起こす原因不明の病気。10代から30代で発病し長年続くことが多く、大腸がんなどの原因となることがある

腸の炎症が直腸から連続的に上方(口側)に向かって広がるのが一般的で、炎症の範囲によって直腸炎型、左側大腸炎型、全大腸炎型の三つに大きく分類されます。

引用元:済生会公式サイト


出典:済生会公式サイト

潰瘍性大腸炎になると現れやすい症状は…

潰瘍性大腸炎になると血便、しぶり腹、下痢、腹痛などの腹部症状があらわれるほか、熱やだるさを伴うこともあります。血の混じった下痢が止まらなかったり、強い腹痛がある場合は、重症のサインの可能性があります。

もうね、怖すぎますよね…。

大腸がんの原因にもなるとか、心配ですね。

潰瘍性大腸炎の症状については数週間から数カ月単位で持続してしまう事が一般的なんだそうです。

きっとコロナ感染が広まって緊急事態宣言が発令された頃くらいから症状は出ていたんでしょうね~。

潰瘍性大腸炎の患者数について

日本では”潰瘍性大腸炎”の患者さんは現在どのくらいいるんでしょうか?調べてみたところ…

わが国の潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)、人口10万人あたり100人程度であり、米国の半分以下です。

引用元:難病情報センター

という事でした!人口10万人あたり100人もいるんですね!自分の周りであまり聞いたことが無い病気だったので驚きです…。

潰瘍性大腸炎になると腰痛を併発する?

色々な医療系サイトを調べてみたところ、潰瘍性大腸炎の手術をした後に腰痛が出るというパターンが多いように感じました。

潰瘍性大腸炎と腰痛の直接的な関わりは薄いのかもしれませんね。

ただ、毎日記者会見や会談をしていれば長時間イスに座っていることも多いでしょうから。そりゃ~腰痛にもなりますよね(;^ω^)

潰瘍性大腸炎になって現れる典型的な症状は”下痢や血便”という事みたいなので同じような症状が続く方は早めに病院へ行って検査してみましょう!

安倍首相の持病は辞任するほど痛いの?

安倍首相は持病が悪化したので公務を全うできない!という理由から首相を辞任することを決めたようです。

で、この持病の潰瘍性大腸炎はめちゃくちゃ痛いのか?という事について調べてみました!

  • 下痢になってトイレの回数が増える
  • 血便が頻繁に出る
  • 痙攣性、持続的な腹痛が起こる
  • 重症になると発熱や体重減少、貧血など全身に症状が起こる
  • 腸管以外の合併症として、皮膚や関節や目に症状がでてしまう

実際に潰瘍性大腸炎を患っている人のコメントを見るとトイレの回数が半端じゃないので、仕事に集中できない!お腹が痛いし、いつ出てしまうか分からない恐怖…

などが多かったですね。めちゃくちゃ痛い!というよりは人前に出て喋ったりという仕事が困難なのは分かりました。

もうね、オムツして仕事しないと集中できないでしょうね(;・∀・) なので傷みより下痢や血便が職務を全う出来なくなる理由でしょう!

これはホントに辛かったでしょうね…。

スポンサードリンク

安倍首相はいつから腰痛?持病の大腸炎との関係まとめ

いかがでしたか?

今回は安倍首相が持病の悪化で辞任するというニュースについて色々と調べてみました!

  • 安倍首相の腰痛はここ数カ月で悪化していた
  • 安倍首相が使っていた特効薬は”アサコール
  • 潰瘍性大腸炎と腰痛の関係性は薄そう
  • 辞任するほど痛いというより、腹痛(下痢血便)の方が酷いみたい

以上です!

いや~調べれば調べるほど公務をこなすのが厳しいっていう気がしましたね(;^ω^) タイミング的に最長就任記録を樹立しましたし、ちょうどよかったんじゃないかと個人的には思いました。

自民だなんだと言うのは全く興味が無いので…とりあえず長い間お疲れ様でした!っていう感じですね( *´艸`)

潰瘍性大腸炎について心当たりがある方はぜひ早めに検査を受けてみて下さいね!!健康第一ですから!!

最後までご覧頂きありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする