富山の民宿『八十八(やとはち)』が凄い!場所や料金や温泉は?【ポツンと一軒家】

こんにちはこんばんは!トミーです(^^)/

今回は2020年4月5日に放送された【ポツンと一軒家】に

富山県の山奥にある旅館「八十八(やとはち)」が登場しました!

とんなでもない場所にある旅館ですが、なんとミシュランガイド

にも掲載されたことがあるそうです!!

これは気になりますね!それではさっそく富山県の旅館『八十八』

場所アクセス方法料理や温泉に関して色々と調べてみたい

と思います( *´艸`)

スポンサードリンク

富山県の旅館『八十八(やとはち)』について

今回紹介された富山県の山奥にある旅館「八十八(やとはち)

(摘草料理宿和風オーべルジュ)」

店主の三浦心一さん、奥様の紀代美さんが営んでいるお宿です。

なぜこんな山奥で宿を始められたのかというと、この場所には

「弘法大師の水」が湧き出ています。体にとても良いとされる

お水なんだとか。

宿を開業する前のことですが、三浦さんの母親が帯状疱疹に

なってしまいました。そこで、弘法大師の水がよく効くという

事で連れてきたのですが、本当に治ってしまったそうです!

それがあって、お母さんは息子の三浦さんを

富山に呼び寄せて宿の開業を進められたそうですね!

これはお母さんの経営者としての先見の目が素晴らしいなと

思いました笑

その弘法大師の水というのは八十八のすぐ近くにあるので

宿泊したついでに汲みに行くことが可能です( *´艸`)

富山県『八十八(やとはち)』の場所/ポツンと一軒家

場所をまとめます!

住所:富山県中新川郡上市町護摩堂535

電話:076-473-2267

富山県『八十八(やとはち)』へのアクセス方法

『八十八(やとはち)』へのアクセス方法をまとめます

北陸新幹線『富山駅』から車で約45分くらいですね!

スポンサードリンク

富山県の旅館『八十八(やとはち)』の料金は?

『八十八(やとはち)』の宿泊料金は¥15,000です

1日1組限定という事と、完全予約制ですのでご注意を!

富山県『八十八(やとはち)』の温泉は?

『八十八(やとはち)』の温泉やお風呂に関しては現在調査中です。分かり次第追記していきます!

富山県『八十八(やとはち)』のお料理について

『八十八(やとはち)』のお料理ですが、店主の三浦さんはニュージーランド

の日本大使館やニュージーランドの国営ホテルでもシェフとして活躍されて

いた方で、若い頃は京都の料亭でも活躍されていました!

そんな店主三浦さんが作る料理が素晴らしいです♪

常連客の方の話では40回は来てるけど、毎回違う料理が出てくる!という事

でした♪

出典:インスタ・Retty

いや~さすがミシュランに掲載されるだけのことはありますね

素材や季節感にこだわった料理は至極の味わい!と口コミにも

書かれていました!

あんな山奥でこの料理が出てきたらと思うとワクワクが止まり

ませんw

富山県『八十八(やとはち)』の口コミ

実際に宿泊された方の口コミをまとめます!

こんな山の中に一軒家 弘法大師の清水が滾々と湧き出ている以外は自然のみちょっと 氣になる宿ゆっくりと時が流れます 自然の恵みを存分に堪能できるお料理に感動 埋没の古代檜風呂に 身の心もゆだね外の景色を見ながらのんびり浸かりご主人の語り部に耳を傾け話を聴き朝の目覚めは 鳥の声のオーケストラで都会の雑踏からのリピーターが多い事に妙に納得しますリピーターのお客さんは 連泊が多いとか!

高野山の宿坊で精進料理を学ばれた主人の丁寧な仕事で作られる飾らない摘み草料理。建物自体は決して洗練されているわけではないが、自然環境を前にそんなことを求めるのもヤボかと。泊まってこそ真髄が体幹できる

四季折々、山で採れる野菜をふんだんに使った
懐石料理なのですが
ご主人の斬新なアイディアで今まで味わったことのない創作懐石料理に!体が喜ぶ優しいお味。
お店というか、旅館のお座敷で食事。
こちらの場所へは弘法大師のお水が湧き出る野老を目指せば着きます

東福寺野公園から細い道をかなり上がった山の中にポツンと建っているお店です。宿泊もできるそうですが今回は忘年会で伺いました。とても美味しい料理がいただけます。冬期は富山市内でも営業されているそうです。

いや~やはり評判良いですね( *´艸`)

グーグルやヤフーのサイトでも☆4~4.5という…。

超山奥にある旅館でこの評価は本当に素晴らしい事かと

思います!

旅館以外に遊ぶ場所がないのに満足度が高いって個人的に

衝撃でした(;^ω^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする