山梨県のポツンはどこ?「晴雲坊36丁」は寺院の施設?宿坊?【ポツンと一軒家】

2019年8月18日に放送される「ポツンと一軒家」に山梨県のある寺院の施設が登場することになりました!そこは標高約1400メートルの場所にある施設で「晴雲坊36丁」という住所らしいのですが…ヒントは「七面山」とか?

番組史上1番の埋もれっぷりと林修先生がおっしゃっているほど山深い施設はどんなところなのでしょうか?

とっても気になるその場所を調査してみたいと思います(^^♪

2019年8月25日放送 山梨県『薬草膳処・じゅん庵』はコチラ!

七面山「晴雲坊36丁」の場所は?

今回登場する場所を調べてみると…

〒409-2733 山梨県南巨摩郡早川町赤沢1343

という場所だと分かりました!

グーグルマップだとこんな表示になっています↓

富士山のお隣!といった感じの距離感ですね!

番組のスタッフさん達も毎回ホントに良くこんな小さい建物を発見できるなぁと感心してしまうほどの埋もれっぷりですねw

番組の予告の情報からこの場所を探し当てただけでもワクワクしました!笑

「晴雲坊36丁」の正体は?

グーグルマップで確認すると「晴雲坊36丁」という表示の横に「仏教寺院」のマークがあります!という事でこちらは民家ではなくお寺の施設という事が分かります。

そのお寺について調べてみました!

日蓮宗の聖地「七面山登詣(とけい)」の休憩所

この施設は日蓮宗のお坊さんたちが修業をするために入山をし、その途中に休憩をするために作られた「坊」と呼ばれる休憩所のような建物という事が分かりました。

番組の予告ではここに母親と娘が何かを成し遂げるために住んでいるような事が書かれていますが、真相やいかに?それは番組を見れば分かると思いますので楽しみに待つとします♪

「七面山」の標高は1989メートル!

一般的には標高505メートル程の場所にある登山口より表参道を登るそうです。

山頂手前にある「七面山敬慎院」という場所までは登山口より50丁!約4キロの道のりになるそうです。

参道には2丁目、13丁目、23丁目、36丁目の4か所に坊があってそれぞれで休憩が可能!

七面山「晴雲坊36丁」までかかる時間は?

公式サイトに載っている時間は…

歩くのが速い人:2時間半

一般的な人:3時間半~4時間

休憩(3か所)を交えつつ:4~6時間

という事です!

番組スタッフの疲れっぷりから見てよほど慣れていないとキツいでしょうね…(;^ω^)あんまり無理していくと帰ってこれなくなるパターンではないでしょうか…?

ちなみに、山梨県が発表している県内の山の登山難易度は一番低いAランクですが登山に必要な体力ランキングでは断トツの1番キツイ評価になっていました…。

さすがお坊さんが修業するだけのルートという事はありますね(;´・ω・)

『山梨・山のグレーディングのサイトはコチラ』

七面山登詣に関する動画

こちらがその関連動画です↓

素人目から見てもキツそう…以外の言葉が出てきません(;´・ω・)

趣味が登山!という方々には魅力的な登山ルートなんでしょうか?自分は登山したことがないので良く分かりません…。

山頂付近からはお隣の富士山がそれはそれは美しく見れるという事ですので、それは見たいなぁと思ったり…

いや、身体が付いていかないでしょうけどw

七面山「晴雲坊36丁」のまとめ

いかがでしたか?

今回はポツンと一軒家に登場する予定の「七面山・晴雲坊36丁」に関する情報を調べてみました!

由緒ある登山ルートに存在している坊という事が分かりましたね!番組に登場する母と娘さんの正体がとっても気になりますが、そこはあまり分からずでした。

それは番組の放送で明らかになるはずなので楽しみにしたいと思います(^^♪

この番組を見て登りたくなったハイカーの皆さんは是非一度行ってみると楽しめる場所ではないでしょうか♪

最後までご覧頂きありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする