氏家美穂被告のFacebookが判明!長女が殺し方や殺害中の気持ちを語った

こんにちは!トミーです!

今回は夫を殺害し、モルタル詰めにしていたことで逮捕された「氏家美穂」容疑者が殺害を長女に手伝わせた!ということでニュース速報で入ってきました!

まだフェイスブックページも削除されておらずの状態で発見!完璧な計画殺人のようですし、実の娘にそれを手伝わせたと…どんな事件なのか気になったので調査開始してみましょう。

【見ちゃダメ…最恐女性犯罪者】はコチラ

氏家美穂の経歴など

氏家美穂さんは1974年2月17日生まれの44歳

血液型はB型。

それ以外の情報は夫殺害容疑者という事でフェイスブックから本人の情報などが閲覧できる事態に…

  • 出身地:東京都武蔵村山市
  • 学歴:武蔵村山市立第二中学校卒
  • 現住所:茨城県かすみがうら市稲吉東6丁目
  • 職業:派遣社員

最終学歴は中卒ですね~。娘さんはちゃんと学校に行っていたか分からないみたいですが…麻ぁ、家庭内でもそんな勉強の話とかするような雰囲気は報道の中では感じませんでしたけど。こうゆうご家庭って多いんですかねぇ。。。

氏家被告の家族構成は?

氏家美穂被告(44)

被害者 氏家昇さん(当時33歳)

長女(12歳)

双子の息子(当時4歳)

氏家被告の結婚歴

なんと氏家被告は現在までに3回結婚されていました。

1度目は10代で結婚。

2回目は22歳ごろに結婚。

3回目は2014年7月頃に殺害された昇さんと結婚。

昇さんとの結婚について美穂被告の知人が語った内容が衝撃的で…

彼とは10歳年齢をサバ読んで付き合っていた

子どもが出来たとウソを言って籍を入れた

という事らしいです。

そして過去には金銭トラブルも抱えていたそうで借金もあったとか。

家に借金取りが頻繁に来るなど闇金にでも手を出していたんじゃないかと思われるそうです。

本当に親として以前に人としてちょっと問題アリな方ですよね…。

さらに公判の中では殺害された昇さんとは12年ほど籍を入れていなかったそうです。長女が昇さんとの子供なのかも怪しいところですよね~。

年齢からすると双子の男の子が出来たくらいのタイミングで入籍をしたという事でしょう。

ん~氏家家の闇がどんどん明らかになりましたね…泣

氏家美穂の容疑は?

・夫との虚偽の離婚届の提出

・遺体の遺棄や殺害

氏家美穂の長女が殺害ほう助

今回の事件の新事実はなんと長女が氏家美穂容疑者が夫を殺している時に殺害を手伝っていたという事実。

お母さんがお父さんの首を絞めている時に「足を抑えろ!!!」などと言われ手伝ったという事らしいです。

殺している時の気持ちは…

長女は父親の殺害している最中は「心が無でした」と、初公判で言われていたそうです。

お母さんが12歳の子供を人殺しに巻き込んだという事、これは本当に罪深いと思いますね。

そしてその他の情報によると、殺害当日までの日常生活で氏家美穂被告は長女に対して父親を階段から突き落とすようなジェスチャーや酒の瓶で父親を殴れ!というようなジェスチャーをしていたとか。

本当に冗談にならないですよね。最低の母親だと思います。

検察が聞き取った供述調書によると…
  • 事件の1か月前から夫婦喧嘩をしていた
  • 母親が被害者の昇さんの500万円を使い込んでいた

という事です。

その喧嘩では

昇さん「次やったら子供を連れて出ていく!」

長女 「ママと離れるのはイヤだ!」

美穂被告「じゃあ、パパを殺すしかない」

と。

もうめちゃくちゃですよね苦笑

なんで殺すっていう選択肢が出てきちゃうんでしょうね?

氏家美穂被告のフェイスブックページ

こちらがそのページになります

楽しそうな、幸せそうな写真が並んでいますが…

裏にはとんでもない闇が隠れていましたね…。

まとめ

いかがでしたか?

今回は夫殺害と遺体遺棄の容疑で初公判が行われた氏家美穂被告を調査してみました。

初公判で浮かび上がってきた新事実。まさか12歳の長女が殺害を手伝わされていたという事でした…子供は母親の所有物じゃないと言いますが本当に彼女の心のケアが今後きちんとできるのかが心配でなりませんね。。。

長女の罪は情状酌量されるとは思いますが…本当に早くまともな、幸せな人生のレールに戻してあげてほしいと思いました。。。

最後までご覧頂きありがとうございました。