戸原玄(とはらはるか)の経歴や病院、肺炎になりにくい運動を調査!【ガッテン】

2019年10月23日(水)に放送されるNHK【ガッテン】のようやく呼べた‼レジェンド研究者SPという企画に「肺炎になりにくいカラダ」が手に入る10秒トレーニングを教えてくれる先生の『戸原玄(とはらはるか)』医師が登場します!

最近では年間に3万5000人もの方が『誤えん性肺炎』で亡くなっていて、それを予防するために口の周りの筋肉を鍛える体操を広めているという『戸原玄(とはらはるか)』先生ですが、それ以外にもたくさんの予防ケア方法を広めています!

『戸原玄(とはらはるか)』先生が監修した商品もあるようですので、そちらも合わせて調査していきたいと思います!

気になった皆さん!ぜひ最後までお付き合いくださいませ!

『戸原玄(とはらはるか)』先生のWiki風プロフィール/ガッテン

名前:戸原 玄 (とはら はるか)

生年月日:1972年1月19日

年齢:48歳

学歴:東京医科歯科大学

職業:歯科医師・歯学者

東京医科歯科大学 大学院 歯学総合研究科 老化制御学 系口腔老化制御学講座 高齢者歯科学分野 準教授

肩書が長すぎてどこで区切ればいいのか分かりませんでした(;^ω^)なんとなく区切っているので間違えておりましたら教えて頂けると助かります(-_-;)

『戸原玄(とはらはるか)』先生の経歴/ガッテン

『戸原玄(とはらはるか)』先生は1997年に東京医科歯科大学を卒業し、2002年に東京医科歯科大学の大学院を修了。

以後、東京医科歯科大学の歯学部附属病院医員を務め、助教授→日本大学歯学部の准教授を経て2013年より東京医科歯科大学の准教授に就任されています。

現在、所属されている団体は…

  • 日本老年歯科医学会 理事
  • 日本障害者歯科学会 代議員
  • 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
  • 日本嚥下医学会
  • 日本在宅医学会

物凄い肩書です(゚Д゚;)

基本的には東京医科歯科大学にいらっしゃるようですが、携わっている団体が多すぎて『戸原玄先生』にどこへ行けば診てもらえるかは分かりませんでした…。

『戸原玄』先生の専門分野は「歯科」「高齢者歯科」「摂食機能障害」「リハビリテーション」です。

簡単にまとめると…

高齢者を中心とする摂食嚥下障害の治療・リハビリテーションに取り組み、往診による在宅診療や地域連携を積極的に行っているそうです。

啓発活動厚生労働科学研究所委託費長寿・障害総合研究事業「高齢者の接触嚥下・栄養に関する地域包括的ケアについての研究」の業務主任者を務めています。

ウェブサイト「摂食嚥下医療資源マップ」やその他のインターネットメディア・講演活動などを通して、摂食嚥下障害に関する情報発信も行っています。

全然簡単な説明じゃなくなってしましました苦笑

とりあえず機関名の名前などが長すぎて読むのが辛いですが、摂食嚥下障害や誤嚥性肺炎など高齢者に多い症状の研究や予防ケアの凄い人!!という感じでしょう(-_-;)

レジェンド研究者というくらいなので肩書もレジェンド級ですw

『戸原玄(とはらはるか)』の肺炎になりにくい運動とは>/ガッテン

こちらの運動については放送終了後に追記させて頂きます!

『戸原玄』先生の口の周りの筋肉を鍛える運動

こちらは『戸原玄』先生が実際に解説されている運動方法です!

『戸原玄』先生が監修した「嚥下調整食」が凄い!/ガッテン

戸原玄先生は摂食障害になっても胃に直接栄養を送り込む胃ろうの使用は選択肢の一つではあるが「すぐに見切りをつけず嚥下機能を時々確認し、回復の可能性を見逃さない事が大切」と言います。

その戸原玄先生が監修した「嚥下調整食」という食事メニューがなんと東京医科歯科大学の『あるめいだ』というレストランで実際に食べられるそうです!

これがかなり本格的で、シェフの歌川康彦さんは当時パレスホテルで西洋料理を担当していたほどの実力者で「しっかりとした味わいを心がけて丁寧に作っている」という事です!

通常の病院食と違い、特別感があり普段外食できない人でも気分が盛り上がって食欲が出るんだとか!

メニューには、噛んだり飲み込んだりする難易度が低い料理としてブロッコリーやハムのソース、もう少し難易度が高いモノにはリゾット風おじや等があるそうです。

これは気になりますね♪

営業時間は月曜~金曜の10時~20時半、土曜日は11時半~16時。日曜・祝日・年末年始は定休日になります。

出典:あるめいだ

『戸原玄(とはらはるか)』監修の口腔ケア製品は?/ガッテン

戸原玄先生は口の中が汚れると様々な悪い症状が出てくると言います。

そこで、お口本来の機能や状態を取り戻すために『口腔ケア』が重要との事です。口から食べる事は栄養を取り込み、免疫力の向上といった身体的にプラスの効果だけではなく、患者さんにとって「生きる楽しみ」にもなります!

細菌などが繁殖してしまうと口周りや下の筋肉のこわばり、嚥下機能(ゴックンと飲み込む力)の低下が見られます。

そこで『口腔ケア』を行い、食べられるお口に回復していくそうです。

『口腔ケア』の分類と製品

『口腔ケア』は2つに分類できるそうで

『器質的口腔ケア(清掃)』と『機能的口腔ケア(リハビリ)』です。

この2つを行った後に口腔内の状態を維持するためには「保湿」が大切だそうです!

そのための商品はこちらの商品です!

★「口腔ケア・マウスピュア」シリーズ★

これは知りませんでしたね(;^ω^)

口をキレイにすると摂食障害などが予防されると…使い方に関しては以下の画像や公式ホームページを参考にしてください(^^♪

出典元のマウスピュア公式ホームページはコチラ!

『戸原玄(とはらはるか)』の経歴・病院・運動のまとめ/ガッテン

いかがでしたか?

今回は歯科医師、歯学者で東京医科歯科大学准教授の『戸原玄(とはらはるか)』先生について調べてみました!

まさかの病院内のレストランの食事も監修されていたのは驚きでしたね!肺炎や摂食嚥下障害に関しては日本の第一人者であることは間違いなさそうです♪

監修されている口腔ケア製品も驚くべきラインナップでした(;^ω^)

誤嚥性肺炎は本当に高齢化社会の日本にとっては切っても切れない状況ですので、ガッテンの中で登場する肺炎になりにくい運動もどんなものなのか?今から期待して待ちたいと思います♪

最後までご覧頂きありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする