家政婦・タサン志麻の離乳食の作り方や調理器具が知りたい‼【NHK仕事の流儀】

2019年10月8日に放送されるNHK【プロフェッショナル・仕事の流儀】に伝説の家政婦として有名になった『タサン志麻』さんが再び登場します!

今回の番組では1回目の放送の再編集が殆どという事らしいのですが、2019年5月頃に第2子を出産された様子なども映るんだそうです!

気になるのはタサン志麻さんはフリーの家政婦として活躍されていて、3時間で1週間分の作り置きを調理することで有名ですが、離乳食ってどんな物を作るんでしょう?子供~大人までの料理は分かりますが、志麻さんがあかちゃんに何を食べさせているのか本当に気になります!

きっとみんな気になると思うので調べてまとめてみたいと思います♪

どうぞ最後までお付き合いくださいませ(^^♪

家政婦・タサン志麻さんが出産!【NHK仕事の流儀】

2019年5月頃に無事!第二子を出産されたとの事!

おめでとうございます(^^♪

今はフリーの家政婦として活躍しながらレシピ本やメニュー開発なども請け負っているそうで…そんな多忙な中の出産になりましたね(;^ω^)

出産方法は帝王切開という事と、2019年現在40歳の高齢出産という事もあるのでかなり痛みが続いてるそうです。

お子さんは3540グラムの男の子!

かなり健康的なサイズですねw

本当にお疲れさまでした!!!

家政婦・タサン志麻が作る離乳食は?【NHK仕事の流儀】

伝説の家政婦として知られる志麻さんは一体どんな離乳食を作るんでしょうか?これは世の女性陣は気になりますよね(;^ω^)

という事でしらべてまとめてみましょう!

伝説の家政婦・タサン志麻流の離乳食

気になる志麻さんの離乳食は…

「特別なことはしない」

らしいですwww

どういうことかと言うと

志麻さんはフランス料理がメインの料理人で、旦那さんもフランス人です。そしてフランスでは育児中にわざわざ離乳食というものを作るという感覚が無いので、基本的に大人が食べてみるものの中から子供が口にすることが出来る物を食べさせるという事らしいです。

伝説の家政婦・タサン志麻流の離乳食?作り方

特別な事はせず、大人も食べられるような物を食べさせるという志麻さんですがそんな中でもポイントがありました!

★香辛料や塩分は控えめにする★

★大きな具はすり潰す★

以上ですwww

ホントに世のお母さん達には嬉しい話ですよね~

逆に食品メーカーには痛い話でもありますが苦笑

そんな志麻さんもはじめは「離乳食は特別に作るモノ」という意識が強かったと言います。しかし、フランス人の育児に対する柔軟な考え方や姿勢を目の当たりにした時に「これでいいんだ~」と肩の荷が抜けたそうです!

ホントにこんな考え方は日本もっと広まった方が良いですよね(;^ω^)知り合いのママでも料理が苦手なのに食費節約のために必死に離乳食を作っていた人がいますが、これを知っていたらどんなに楽できたかと思うと…。

伝説の家政婦・タサン志麻おすすめの離乳食は?

あえて挙げるなら「ピューレ」や「ポタージュ」を良く作るそうです!

コトコト煮込んでいる間に家事や子供の相手が出来るので一石二鳥とか!気にするポイントとしては塩とこしょうを控えめにして作る事!

ホントに簡単ですね(;^ω^)

家政婦・タサン志麻が意識する子供用料理とは【NHK仕事の流儀】

先ほどまとめた「離乳食に煮込み料理やスープを応用する」という事に続いて子供向けに気を付けている事をまとめます!

ハロウィンやクリスマス、誕生日パーティーなどのイベントで作る料理に関して志麻さんが意識している事は「見た目のインパクト」と「色使い」とのこと!

頑張り過ぎないで、いつも作っている料理にひと手間かけるだけで十分だそうです!

たしかに小さい子供がいるのにパーティーメニューを気合入れて作るってしんどいですもんね…。志麻さんがオススメするのは「すべて手料理にしないでメイン料理以外は市販のチーズや惣菜で済ませる!」という事です!

志麻さんはフランス人の教えで、調理時間より一緒にご飯を食べる時間を優先する!というのを重視しているのでこんな感じになるんでしょうね♪

ホントにママだけずっとキッチンにいるよりみんなで食卓を囲んだ方が楽しいに決まっています!

片付けはパパもたまには協力しましょうね!!笑

家政婦・タサン志麻がオススメする離乳食に向いてる調理器具は?【NHK仕事の流儀】

志麻さんは調理器具に色々とこだわりがあるように思えますが、じつはこだわっているのは「包丁」だけだそうです!

あとは使いやすさを重視するので100均の調理器具でも全然問題ないと言います!個人的に思うのは料理が上手い人って本当に何を使わせても問題ないですよねw

そんな志麻さんのオススメの包丁を調べます!

家政婦・志麻さんオススメ包丁『Misono』

こちらが『Misono』製のペティナイフです。

海外の料理人たちも買い求めるプロ仕様の強化木の持ち手が馴染みやすいので主婦の方にもオススメなんだそうです!

志麻さんが使っているサイズなどは分かりませんでしたが「ペティナイフ」で検索してみると良いと思います(^^♪

包丁メーカー『Misono』の詳細は

ミソノは刃物の産地でも有名な岐阜県関市に拠点を構えている会社です。

日本中だけではなく世界中でも業務用包丁として有名!刃物の街の関市でも群を抜いてトップメーカーとして君臨しているそうです!

その歴史は800年!日本刀の名刀「関の助六」も岐阜県関市で生まれた刀だとか!

日本刀の「折れず・曲がらず・よく切れる」という特徴をミソノは包丁に受け継がせました!そして最先端の技術と融合させているので世界中で愛されている証拠なんですね♪

『ミソノ 440シリーズ』

こちらは家庭用の包丁をワンランクアップさせたシリーズ!

お値段は1万円前後と嬉しい価格帯!

切れ味の持続と研ぎやすさ、重量バランスの良さが特徴らしいです

 『ミソノ UX10シリーズ』

こちらはミソノのフラッグシップモデルの最高級品シリーズ!

完全にプロ仕様のスペックで粘り強さと硬度が両立した刃物になっているとか。重量バランスや持ち手まで完全に考えられた最高級包丁!

きっとタサン志麻さんが使っているのはこのシリーズでしょうね!

でも、家政婦としてお客の家に行った際にはその家の包丁を使うみたいです。やはり上手な人は何を使ても上手!まさに「弘法筆を選ばず…。」

家政婦・タサン志麻が選ぶ調理器具7選!【NHK仕事の流儀】

出典:Chanto.jp

志麻さんがオススメする鍋は「これが良い!」ではなくて、大小2つの鍋が揃っているのが大切と言います。

大きめの寸胴タイプの鍋はパスタを茹でる&煮込み料理をムラなく作れるという事です。小さい片手タイプの鍋は混ぜやすい&焦げ付きにくいので炒めて甘さを引き出してから作るスープなどに最適だそうです!

次に100均ショップのステンレスざる!

これは意外ですね(;^ω^)

オススメの理由は、目が細かいから水切り以外に 野菜をすり潰すのにも使えるそうです!なんと離乳食はこれ1つでほとんど作っていたそうです!

しかも、高価なパンチングざるより幅広く使えるのが良いらしいです!いや~これは目からウロコですwww

こちらは『貝印の千切り器』です!価格は1200円ちょっと!

色々な千切り器を試したそうですが、押しても引いても使えるので程よい太さの千切りが素早く出来るのが特徴だそうです!

それ以外は…100均で買ったボウルとフライパンが大小2つずつ、小さなまな板だけ。本当になんでも良いらしいです(;^ω^)

理由に関しては家で料理をする時間が無かったからと言っています。

本当にシンプルで主婦の皆さんには勇気を与えてくれますねw

家政婦・タサン志麻の離乳食の作り方や調理器具のまとめ

いかがでしたか?

今回は2019年5月に第二子を出産された伝説の家政婦・タサン志麻さんの離乳食の作り方や考え方、使っているオススメ調理器具に関して調べてみました!

やはり料理人の命である包丁はMisono製でこだわりありましたね!しかし、それ以外は本当に最低限の物や使って良いと感じる物だけでしたね!ホントにビックリしました!

やはり上手な人は何を使っても上手でした!

離乳食に関してはフランス流で大人も子供もほとんどかわらない!というのが印象的でした。これは本当に世のママさん達に理解され広まる事が良いと個人的には思いましたね~。

みなさんも何か役に立つことが見つかったんじゃないでしょうか?

調理器具も今あるモノを大切に使ってあげましょーー(^^♪

とはいえ、やっぱり包丁気になるのでポチってしまいました苦笑

最後までご覧頂きありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする