アンチエイジングとは何ぞや?芸能人も欲しがる?!髪の若返り方法とは?

「アンチエイジング」と言う言葉はご存知でしょうか?

最近ではテレビやCM、雑誌なんかでもひっきりなしに

使われるワードですよね!

多分、一般的に「アンチエイジング」=「若返り」と

単純に思われてるかもしれませんが本当にそんな簡単

な事でしょうか?

芸能人も必死にやっているアンチエイジング!

これをちょっと細かく解説していきます♪

アンチエイジングって?

まず、エイジングですがこれは年を重ねるというような

意味があります。

そしてアンチエイジングは「若返り」という意味では

ありません!

年を重ねるという事を例えるならば、だいたい20歳を

境に年齢の坂道を下っていくような感じです。

その下り坂の角度をいかに緩やかに出来るか?!

というのが「アンチエイジング」と思って頂ければ良い

かと思います!

白髪をなくしたり、髪を若返らせたりする事は絶対に

出来ません。しかし、何もせずに放っておくと

ドンドン坂道を転がるスピードは早くなりますよね?

それが「老化」です。

あなたの今の坂道はどんな角度になっていますか?

緩やかですか?それとも急な下り坂?そんな心配が

付きまとう「エイジング」に関して正しいケア方法

をまとめてみましょう!

髪が老けるとハリコシ減退!

特に分かりやすい現象が「ハリコシが無くなった!」

「髪が細くなった」という感じ。

ご自身や、自分の周りの方でも良く聞くのでは

ないでしょうか???

なぜ年を重ねると髪は細く、柔らかくなってしまう

のかご存知でしょうか?

髪の元気がなくなるプロセス

1 頭の筋肉がこわばる

2 頭皮周辺が硬くなる

3 血管が圧迫される

4 血流が滞る

5 髪が細くなる

この流れをみると大事なことは何か分かりますか?

そうです!

1番大事なのは血流です!血液というのは髪に大切

な栄養分を運んできてくれる液体です

この血液がキレイに循環してくれないと毛根に栄養

が供給されなくなり、ハリコシのある新しい髪が

生えてきてくれなくなります。

加齢=筋力低下

年を重ねると全身の筋力が低下するのは分かりますか?

おじいちゃんになっても凄いスピードで走り抜ける人は

いませんよね?笑

この筋力低下が引き起こす髪への影響は外見では分かり

にくいです。主に髪に関する筋力低下は毛根周辺にある

「立毛筋」という筋肉が影響します。

この立毛筋が現れるのは鳥肌が立った時がわかりやすい

と思います。

ブルっとした時に出るボツボツした状態の事です。

あれは毛を立たせる為の立毛筋が収縮したりして

毛(毛穴)を逆立たせているんですね。

その立毛筋が弱って来ると血流が悪化して毛根周辺に

ある毛細血管の隅々まで血が巡りにくくなります。

そうすると毛根は十分な栄養を受け取れずに新しく

生えてくる髪が栄養不足のまま出てくることになります

それが「ハリコシが無くなってきた」状況です。

頭の筋肉を鍛えよう!

髪のハリコシが無くなりやすい場所は想像できますか?

そうです!頭頂部周辺が一番弱々しくなりがちです!

頭の筋肉と髪の太さの関係

なぜ頭頂部が薄くなったり、細くなったりするのか?

それは頭頂部には筋肉が無いからなんです。

奥歯を噛んだり緩めたりすると頭の横にある「側頭筋」

がグニグニと動くのが分かるかと思いますが

頭頂部はどうでしょうか???

元気に動いてますか?張ったり緩んでりしてますか?

してないんですよね。だって筋肉が無いから!

そして心臓は?胸の位置にありますよね?

という事は血流を送るためのポンプが下にあって

届かせたい部分は遥か上のあたりに。

そんな時、血流をしっかり巡らせるために筋肉が活躍

してくれるんですが頭頂部は筋肉が無いですし、1番

てっぺんにあるので届きにくいんです。

他の部分はどうでしょうか?

分かりやすい部分だと襟足のところですね!

髪の中でも1番太いところです。

なぜ太いか想像つきますか?そうなんです、心臓に

最も近くて尚且つ筋肉が柔らかい部分なので血流が

スムーズなんです。

だから髪もハリコシが衰えずしっかりとした状態を

キープできるんです。

という事をまとめると、頭頂部になればなるだけ

頭のマッサージをすることが重要なんですね!

そうすれば自ずと血流が良くなりますのでハリコシ

弾力が戻ってくるような感じです。

まとめ

いかがでしたか?ご自分の髪を触ったりして確認

して頂ければ1番手っ取り早いと思います笑

本当に簡単なことですがとっても大事な理論です。

毎日の積み重ねで髪はもっと良くなります!

是非皆さんもこれを読んだら試してみてくださいませ

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする