白髪染めをやめたい!実践方法やコストなど!

前回、白髪染めを辞める時の最大の敵は周辺の人間!

というキツいお話をしましたが苦笑

今回は実践編です!

サロンでお願いする方法とかホームカラーの方とか

色々なシチュエーションがあるかと思いますが

それぞれのオススメ方法を解説したいと思います♪

美容室でお願いする場合

現在、美容室で白髪染めをされている方の場合

担当の美容師や、専属以外の美容師サンに伝えると

思います。その際の流れをまとめておきましょう♪

染めるのを即やめる方法

即やめてやるー!

という場合、美容師はとっても嫌な顔をします笑

プリンになりますよ~

とっても変ですよ~

など、ありとあらゆる事を言ってくると思います。

前回解説した通り常連のお客さんほどカラーを中止

されることほどキツイものは無いからです。

しかし、その言葉は真に受けないようにしましょう

先に進めませんのでw オススメの方法は

「体調が良くない」

と、言い張りましょうw

これはちゃんと理由があります。

美容室内でお客さんの体調が悪くなる事ほど困る

事案はありません。

身体だけではなく、洋服が汚れた!靴が汚れた!

頭をぶつけた!床が濡れてて転んだ!

など、お客様に直接被害が及ぶような事があると

お店としては大問題に発展します。

髪を短く切ってしまった!というだけで訴訟問題に

まで発展したケースも少なくありません。。。

ですので、心苦しいかもしれませんが

「体調が良くない」という言葉はかなりの確率で

スムーズに白髪染めをやめられます。

染めるのを徐々にやめる方法

これはわりとスムーズに白髪染めからフェードアウト出来る

方法かと思います。

実際に、「今日から髪を染めません!」と、言われるより

お店側のダメージが少なそうに思えるのと

「途中でやめるでしょ~」という期待を持たせることが

できるからです!

実際、自分のお客様が白髪染めをやめようとした時には

絶対に断念するだろうな~と、思ったことがあります!

そこを上手く逆手に取ったカタチです!!笑

これでもダメならお店を変えてしまった方が良いと思い

ます。貴女の事よりもお店の利益優先し過ぎているサロン

だと思いますので、今も?これからも貴女の気持ちを

あまり汲み取らない危険性があります。

グレイヘアにする道のり

美容室で染めている方の場合になりますが

根元~毛先まで白髪染めされている場合

根元から生えてくる毛は地毛と白髪ですよね?

そして根元以外の毛は暗めの色ですよね?

根元から生えてくる白髪が目立たないように

するには根元以外を明るい色で染めるように

するとプリンが目立ちません!

なのでそのような施術をされるのは正解かと

思います♪

実際、いつもよりかなり明るくするのは

抵抗があるかもしれませんがこれには

慣れるのが一番ですので!

思いっきり明るめのヘアカラーを楽しむ事

も良いと思います♪

自宅カラーをやめる道のり

これは少々難しいかもしれませんが

慣れれば簡単!

用意するのは「オシャレ染めの薬剤」です

毛先を明るくするのに白髪染めの薬は絶対

使ってはいけません。

全く明るくならない恐れがあります。

白髪を染めるために濃度が濃い染料が入って

いますので!

オシャレ染めの薬剤ですが、かなり明るめの

物をご用意ください。

ブリーチはムラになり過ぎて仕上がりが最悪

の事態になりかねませんので使わない方が

良いと思います。

各社基準はバラバラですが、かなり明るく

そまるベージュ系が良いと思います。

ブラウンやレッドブラウンはオレンジ色に

変色しがちなのでオススメしません!

  1. 髪の毛を前後左右4つに分ける
  2. 根元2センチほど塗らずに空けて塗布
  3. 毛先は根元の倍くらいの塗布量
  4. 十分に薬剤が発色したら根元に塗布
  5. 根元は多すぎず、少なすぎずの量で!
  6. 根元が十分発色したら全体をコーミング
  7. 染まったのを確認して洗い流します

以上がカラー塗布の流れです!

ムラになった場合、同じ薬で暗い部分を塗布すると

ムラっぽさが馴染んでキレイに見えますよ♪

まとめ

文章だけだと分かりにくいところもありますが

是非挑戦してみてください♪

自宅カラーの方はスピードが勝負の分かれ目なので

しっかり段取りを考えて塗布してみてください!

とにかく白髪染めをやめるためにはちょこちょこ

やらなければならない事がありますので

しっかり実践してみてください♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする