グレイヘアが流行中!自然派志向な髪型にする方法は?

2018年後半くらいから「グレイヘア」が流行してますね♪

「近藤サト」さんが久々にテレビに登場した時に髪が真っ白!

って言っても白髪の比率は50%くらいでしたが。

ありのままの自分で人生を楽しむ!という事で、ヘアカラーを

やめて白髪を存分に楽しまれている姿が印象的でした♪

白髪染めをやめたい?

今ご覧になっている貴女はなぜ白髪染めを辞めたいのですか?

「私は○○にしたいの!!!」という確固たる理由はありますか?

もし、なんとなく白髪にしようかな~とか美容室の料金を節約

しようかな~なんて思っているなら絶対に考えが甘いです!!

自信をもって言います!

そんな人は白髪染めをやめる事はできません!!!

って、偉そうに言っちゃいましたけど苦笑

白髪染めをやめるのは大変

なにが大変か想像つきますか???

カラー剤を塗る行為をやめるだけですよね?

なにも大変なことはなさそうですよね?

実は…

一番大変なのは…

「周りに敵が現れる!」

という事なんですーーーー笑

意味が分かりにくい方はまだスタートラインにすら

経っていない状況かと思いますw

ここで言っている「敵」というのは

「家族・友達・近所の人・美容師」などなど

人です!ハイ…。

まず間違いなく止められます!

家族からはお婆ちゃんみたい…

友達からはなんか汚く見えるわよ…?

近所の人からはあんたやめときなさいよ~

美容師からはまだ白髪の量が足りないかな~

なんて

ビシバシと24時間体制で止められます笑

家族に言われるのが一番分かりやすいかと思います

子供から「お婆ちゃんみたい…」「老けたね…」

なんて言われたら凄いショックですよね?

家族だけは味方でいてほしいもんです!

が!

そんな都合良い話はあまり聞きませんでした苦笑

白髪染めをやめるキッカケ・理由作り

ホントにこれが全てと言っても過言ではありません!

絶対にやめるんだー!っていう勢いがなければ心が

保てませんので!

という事で理由をあげてみましょう!

ありのままの自分、自然体でいることの素晴らしさ!

見つかりますか?

・・・。

・・・。

・・・。

ありました?!

なんかぼんやりしてますか?笑

では、トミー的やめた方が良い理由ナンバー1は

白髪染めをつづけると

『コスパ悪い』

以上です!笑

ここ説明いらないと思いますので計算してみましょう

毎月1回美容室で白髪染めをすると…

都内平均で8000円(シャンプー・ブロー込み)

↑自分の体感している平均価格ですのでご自分で通わ

れている美容室の料金でもやってみてください♪

1年12か月×8000円=96000円

貴女が今50歳なら?あと30年通えますかね?

そーすると96000円×30=2880000円!

288万8000円です!!!

288まんえんです!

2ひゃく 8じゅう 8まんいぇん!

髪をちょこっと染めるだけで288万円かかります!

必要あります?!

髪の毛を染めるのに288万円!!!!!

スーパーに行ってレタス1玉300円だったら

買いますか???

白菜1/4カットで300円だったら買いますか?

サンマが1匹300円だったら買いますか?!

買いませんよね?!?!

でも?

髪は288万円かかるんですよ!!!!

ふぅ…。

という感じです笑

ホントに辞めようと思ったらまずは金額を

叩き出すと簡単に辞めたくなります笑

白髪染めの料金は誰も払ってくれない

文句を言う人の特徴とも言えますが

こっちの状況を誰も理解しようとなんかしません。

絶対にその日、その時、その瞬間に自分が思った

意見を何も考えずに言ってるだけです。

美容師からしたら288万円の生涯払ってもらえる

料金が無くなるかもしれないんですから!

そりゃ~止めますよね苦笑

そして家族や友人、近所の方々!

みんな好き勝手言いますけど料金を払うのは貴女です

毎月8000円払うんですよ

「キレイにしてた方が良いわよ?」なんて言われます

でも?料金は自分の財布から飛び立っていくわけです

という事は?

白髪染めを辞める決定権は貴女にありますよね?

これでもまだ悩みますか?笑

まとめ

白髪染めを辞めるのに1番苦労するのは周りにいる敵

の意見をいかにして聞く耳を持たないようにするか!

という事はご理解頂けましたか?笑

最初から最後まで自分の面倒を見るのは自分です。

今、高額な白髪染め料金を払うのに躊躇した方は

かならずやめられますので!!

重く受け止めて、爽やかに実行しましょう笑

次回は辞めるための実践的な記事を書きますね♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする