マウンテンバイク親子の小林可奈子&あか里の成績や使用車種も調査【イマドキ家族】

こんばんは!トミーです(^^♪

2019年7月5日に放送される「親子の絆!のぞき見バラエティ」に東京オリンピックを目指す母と娘が登場するという事で調べてみました!

親子だけどライバル…甘えたいけど甘えられない!そんな思春期の娘がいる母も競技者として日々トレーニングに明け暮れるというなんとも言えない家族模様ですw

放送ではその辺の葛藤も見られると思いますが、彼女たちの家族構成や競技の事、旦那さん?お父さん?は何しているのか?

とっても気になるので調査してみたいと思います♪

マウンテンバイクライダー親子の正体は?

小林可奈子(母)のプロフィール

名前:小林可奈子(旧姓 谷川可奈子)

生年月日:1970年5月24日

年齢:49歳

出身:埼玉県

学歴:青山学院大学

所属:MTBクラブ安曇野 主宰

競技:クロスカントリー ダウンヒル

マウンテンバイク界の第一人者として有名な小林可奈子さんは19歳の時にマウンテンバイクを始められたそうです!

ライダーとしてのキャリアは30年ですね!

最初は大学に通いながらマウンテンバイクの大会に一人で参戦していたそうで当時女性でそれをしているのは珍しかったようでかなり目立っていたんだとか!

今でも同じことをしている人がいたら結構目立つと思いますけどね笑

そんな小林可奈子さんがマウンテンバイクを本格的に取り組み始めたのはオリンピックの正式種目にマウンテンバイクが選ばれたからだそうです!

青山学院大学を卒業し、社会人として会社に勤めていたそうですが退社しアテがあるわけでもないのに「長野県松本市」へ移住!

両親へは事後報告というトリッキーな事をしたそうですw

ご両親はビックリしたのか…いつもの事と話を聞いていたのか・・定かではありませんが彼女のようなタイプの人間は後者でしょうね笑

若気の至りというより性格的に超行動派なのは間違いないように思います!

マウンテンバイク日本女子TOP成績を出す

23歳から本格的に始動したマウンテンバイクですが、1994年の24歳の時に全日本マウンテンバイク選手権のクロスカントリーとダウンヒルの2種目で優勝されました!

その後も…

1996年アトランタ五輪で23位

1996年アジア選手権で優勝

1997年ワールドカップ第2戦目ではクロスカントリーでトップ10に入ったそうです!

とんでもない成績ですよね…この成績から言うとアジアでは敵なしという事でしょうね。やはり本場のアメリカ、ヨーロッパ辺りでは強豪揃いなんでしょう。

それでもトップ10入りは本当に凄いです!

結婚&出産&競技再開!

現在の旦那さんと結婚し無事に出産!

その時から人生の目標として「親子三代でマウンテンバイクに乗る事!」という事を掲げて子供たちが自転車で遊べる機会を作るために「MTBクラブ安曇野」を作られました♪

娘さんもこちらで6歳の頃からマウンテンバイクを乗り回していたんですね♪こんな場所で自転車乗れるって本当に楽しそう♪

そして、競技をお休みしていた可奈子さんはこちらへ通う子供たちに背中を押され再びレースに復帰することに!!

そこでの成績は

2016年に全日本選手権クロスカントリーで3位!

2017年に全日本選手権クロスカントリーで日本一に見事返り咲きました!!!

47歳で日本一ってとんでもない事です!!本当に才能も努力も素晴らしいです!!

小林可奈子さんの旦那さんは?

小林可奈子さんが結婚したのは1997年。

その時に所属していた「TEAM A&F」というマウンテンバイクチームの先輩だったそうです!

旦那さんの名前は「小林 昌樹」さん!

旦那さんもマウンテンバイクの選手だったそうですが、出産後に思うように練習できない可奈子さんを見て積極的に家事や育児を引き受けて練習する環境を整えてくれたんだとか!

なんて素敵な旦那様なんでしょうwww

現在はお2人で「MTBクラブ安曇野」を運営されているそうです♪

※写真中央が旦那さんの昌樹さん

娘は小林あか里&はる香

まずは長女のあか里さんからまとめてみます!

名前:小林あか里

生年月日:2001年4月10日

年齢:18歳

高校:松本蟻ケ崎高等学校

所属:MTBクラブ安曇野

6歳から両親のクラブでマウンテンバイクを習い始めたあか里さんはトップ合うリートの両親というサラブレット!そんな彼女の成績を確認します!

2011年(小学3年生) 全国小中学生MTB大会 小3部門で優勝

2016年(小学6年生)全日本選手権ユース部門で優勝

2017年(中学1年生)全日本選手権ユース部門優勝の連覇達成!

2018年5月 クロスカントリーアジアジュニア選手権3位

2018年7月 全日本選手権ジュニア部門優勝!

2018年アジアMTB選手権ジュニア部門で銀メダル

2018年 世界選手権ジュニア 17位

という…とんでもない親子ですね|д゚)

母も娘も日本やアジアには敵無しという感じでしょうか(゚Д゚;)

これは母娘で東京オリンピック出場も夢ではなさそうですね…

次女のはる香さんは…

小林夫妻には2人の娘さんがいらっしゃいます。

次女の「はる香」さんという方です。

幼い頃からお姉ちゃんと一緒に練習を頑張っていたそうなのですが、彼女が中学1年生の時に病気が発覚し入院。

その時母親の可奈子さんは練習どころではなくなってしまいます。

次女の看病にかかりきりでしたが、長女のあか里さんは懸命に留守を守っていたと言います!

全日本選手権など大きな大会でも母に頼らず一生懸命練習し挑戦していたと語っています。

しかし、その2人の多忙な姿を見て次女のはる香さんは

「私のせいでみんながやりたいことをやれないのはイヤ!私は自分のこれからを病気のせいになんかしない。だからみんなも私のせいにしないで!」

と言われたそうです。

これがキッカケで家族は一致団結し、夢に向かって真っすぐ進み始めたと語られています。

本当に色々あって現在の地位まで登り詰めて来たんですね。

これは報われてほしい!!!!

小林選手の使用機材は?

2018年後半に行われた大会の使用機材はこちらです

小林あか里選手

使用機材
バイク:MONDRAKER PODIUM CARBON RR SL 29er 
サスペンション:32FLOAT SC 29 100 FIT4 2Pos Remote-Adj Kabolt110
タイヤ:MAXXIS IKON F&R
ホイル:DTSWISS DT SWISS XRC1200 スプライン 29
グリップ:ERGON GE1Slim
着用ウエア:パールイズカスタムオーダーウエア、UVグローブ、Fibra
使用ヘルメット:LIMAR ウルトラライト
使用サングラス:SWANS AZUMINOスペシャル
使用シューズ:The Boa system 搭載S-Works6 XC Mountain Bike Shoes
ツール:TOPEAK Prep Station
シーラント:finishlineタイヤシーラント
ボトル:TIOGAハイフロウボトル

出典:MTBクラブ安曇野ブログ

小林可奈子選手

使用機材
バイク:MONDRAKER PODIUM CARBON RR SL 29er 
サスペンション:32FLOAT SC 29 100 FIT4 2Pos Remote-Adj Kabolt110
タイヤ:MAXXIS ASPEN F&R
ホイル:DTSWISS XR1501SplineOne
グリップ:ERGON GE1Slim
着用ウエア:パールイズカスタムオーダーウエア
使用ヘルメット:LIMAR ウルトラライト
使用サングラス:SWANS AZUMINOスペシャル 
使用シューズ:The Boa system 搭載S-Works6 XC Mountain Bike Shoes
ツール:TOPEAK Prep Station
シーラント:finishlineタイヤシーラント
ボトル:TIOGAハイフロウボトル

出典:MTBクラブ安曇野ブログ

今乗っている方もこれから始めようかな~なんて方もぜひ参考にしてみてください♪

まとめ

いかがでしたか?

東京オリンピックに関しては

母の可奈子さんはエリート部門で。

娘のあか里さんはジュニア部門の強化指定選手です。

東京オリンピックのマウンテンバイクの選考対象期間である2019年5月下旬からの1年間は母娘で代表の座をかけて競っているそうです!

もーほんとに楽しみですね♪

みなさんも是非一緒に小林一家の活躍を期待しましょう♪

最後までご覧頂きありがとうございました(^^♪