EXIT兼近が売春あっせんした過去や逮捕歴が酷い?デビュー前の刑事処分とは

2019年9月5日に驚きのニュースが飛び込んできました!吉本興業に所属している若手大人気お笑いコンビの「EXIT」のメンバーである兼近大樹さんがなんと「売春のあっせん」をしていたとして刑事処分を受けたという事らしいです!

文春砲によって暴かれた今回の話題ですが、いったいどんな事になっているんでしょうか?早速調べてみたいと思います!

EXIT・兼近大樹の買春疑惑とは?

この件の発端を調べてみますと…

タレントデビューする前の2011年の話という事

札幌で売春のあっせん容疑で逮捕されていた事

これと別に窃盗事件でも逮捕歴があるという事

これ、事実だとしたら結構な前科持ちですよね…

チャラいキャラとして売っているEXITのお二人ですけど、チャラいなんて冗談にもならない程の事をしていたとう事らしいです。

売春あっせん容疑の内容については

「当時19歳の時に女子高生に携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金15000円を受け取らせていた」

ということらしいです。

その女子高生は「小遣い欲しさに男性100人くらいと関係を持った」と言っていました。

当時、兼近さんは全面的に罪を認めて罰金刑の有罪判決を受けたそうです。

この時の事について兼近さんは文春の直撃取材に「はいはい、そうです。簡易裁判で罰金刑10万円で出てきました」と、言っています。

さらに安どの表情を見せ、次のように語った…

「正直、いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたという事で正直嬉しかったです。やっと今、言えるんだって!」

と、取材に対して答えたそうですが…。

キャラ通りの反応と言いますか、これが本心なのか~と、思ったらなんだか切なくなりますよね。

被害者ではないと思いますが、女子高生におっさんの相手を100人させるって…これ普通の神経じゃ考えられませんよね?

その子が今どうしているかとか、親御さんの事を思ったら本当に残念でなりません。

EXIT・兼近について吉本興業が怒っている

今回、文春に対して吉本興業側が法的措置を検討しているという事でさらに炎上している模様ですが、どんな理由で怒っているのか分かりやすくまとめます!

  • 前科を報道する公益性が無い
  • 未成年の時の前科である
  • 有罪判決を受けた者の前科を公表するのはプライバシー権、名誉権に関わる
  • 有罪判決を受けた者については憲法上の保護を受けることが裁判判例確立している
  • 有罪判決を受けた後は更生し、社会復帰が期待されているので公益を図る目的なしに前科に関わる事実を実名で報道することは不法行為だ
  • 当時の刑事処分が未成年の時点での犯行に対するものである場合は成人後の刑事処分よりも報道について一層の留意が必要だ

という事らしですね。

まぁ、吉本興業からしたら今まさに売れに売れているEXITがテレビや雑誌から干されるとかなりの痛手でしょうからね…。

まぁ、とにかくEXITの兼近さんが未成年の頃に罪を犯したのは事実だという事に変わりはありませんね…。

「誰にも言うな!」吉本興業はひた隠し

この事実に関して兼近さんは以前から吉本興業にずっと伝えていたと言いますが、吉本興業は「誰にも言うな!」の一点張りだったそうで、兼近さんが公表したいと伝えても「絶対ダメ!」と言ったそうです。

最近話題になっていた闇営業問題に関しては、知らなかったで通るかもしれませんが兼近さんの場合はきっとデビューが決まる前に会社に迷惑かけないか心配で相談したんだと思いますけどね。

結局、事実を隠して一番困るのは吉本興業という事でしょう。

自分たちに災いが返り血のように降りかかったということですね。

これから火消が本当に大変そうです…。

EXIT・兼近さんの犯罪に関してのまとめ

いかがでしたか?

今、若い人たちを中心に大ブレイクしているEXITの兼近大樹さんですが犯罪行為自体は本当だったようですね。

チャラいを売りにしているEXITですが、もう冗談にもならない事態にまで発展してしまいました。売春あっせんしていたとかその時関わってしまった女の子たちはこれを見てきっとつらい思いをしているでしょうし、話の内容的にもちょっと厳しいような気がしますね…。

個人的にはどんな芸人さんなのか詳しくは分かりませんが、今後の対応に注目しましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございました(^_-)-☆

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする