NHKガッテンの足梗塞(あしこうそく)セルフチェック方法や足病医「泉有紀」の病院は?

2019年9月11日に放送されるNHK「ガッテン」で「足梗塞(あしこうそく)」と言われる病気が特集されます!

脳梗塞と同じような病気なのでしょうか?第3の梗塞と呼ばれている「足梗塞」別名を「抹消動脈疾患」はどんな症状でどんな人が危ないのか?壊死してしまうとか?!セルフチェックも登場するようなのでそちらも気になりますね!

今回は番組内で放送される内容と同じような物も含めて調べてみたいと思います!

それでは早速見ていきましょう(^^♪

※現在編集中!随時更新していきます(^^♪

番組に登場した『泉 有紀』先生がいる病院を発見しました!

追記しております!

足梗塞ってどんな病気?

足梗塞(あしこうそく)は脳梗塞、心筋梗塞に次ぐ第3の梗塞と言われている病気です。放っておくと心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気に進展して早死にすることが様々な研究で明らかになっています。

「たかが足の痺れで死ぬわけない!」と、信じられない人も多いかと思います。

しかし、歩いている時に痺れるような痛みが現れて歩けなくなる!などの歩行障害を持つ人が治療をしないと5年後には30%の人が命を落とし、4%の人が足を切断する事態になっているそうです…。

これは乳がんや大腸がんなどよりも生存率が悪いという事実であり、痺れや足の痛みを伴う病気にかかると早死にするという事を証明しています。

まさかこんなに恐ろしい病気とは思いませんでした…(;^ω^)

○○梗塞という病気はあまり外側からでは分かりずらい病気ですもんね…。まずは初期症状をしっかり把握しておくと良いという事ですので、自分でチェックする方法をまとめてみます!

出典:NHK 

ガッテン/足梗塞のセルフチェック

番組の内容とは少し違うかもしれませんが、病院などで行われているセルフチェック項目をまとめてみます!

  1. タバコを吸う
  2. 血糖値が高い(糖尿病)と言われたことがある
  3. 血圧が高い(高血圧)と言われたことがある
  4. 過去に心筋梗塞を起こしたことがある
  5. 過去に脳卒中を起こしたことがある
  6. 家族に心筋梗塞や脳卒中を起こした人がいる
  7. 閉経している
  8. 現在、透析を受けている
  9. 年齢が65歳以上である
  10. 肥満体系である

いかがでしたか?

なんとこちらのセルフチェック項目、実は1個でも当てはまるものがあると足の健康度は低下していると言えるそうです。

当てはまるモノが多いほど足の健康度が低下しているという事です。そんな方は自分の足の状態について日々確認しておくことが大事という事です。

ガッテン/足梗塞の症状は?

気になるのは症状ですよね!

どんな感じで初期症状が出るのか調べてみると

  • 片足が痺れる、足先が冷える
  • 長く歩くと片足が痛くなる
  • 片足の皮膚が青白くなる/紫色になる
  • じっとしていても足が痛い
  • 足が痛くて眠れない

など…。

気になるのが片足だけの症状が多いようですね。

何故なのかは理由が分かりませんでした。色々な病院ホームページでの説明を見ても詳しい理由は発見できませんでした。

ちなみに、さらに進行するともともと血行が悪くなっているところに細菌が入って感染症を起こすと菜緒里が悪くなり最悪の場合はその部分が腐ってしまいます!

最悪の場合はその部分を切断することになります…。

※閲覧注意!気分が悪くなる場合がありますので自己責任でお願いします…。

『足の指が壊疽(腐る)症状の画像のリンクはコチラ』

いや~、もう完全にホラーですね…。

冗談抜きにちゃんと病院に早めにいかないとこんな事になってしますんですね(´;ω;`) ぜひしっかりとセルフチェックしていきましょう!!

ガッテン/足梗塞の治療にオススメなのは?

今回番組で紹介されたのは

  • フットケア(靴の調整など)
  • 生活習慣の改善(喫煙など)
  • 運動療法
  • 薬・手術

フットケアは保湿が大切!魚の目やタコを防ぐと良い!

足梗塞には正しい歩き方が大切なので小さいことでもケアしていく事が大切だそうです!

靴の幅や高さなど細かい調整をして歩き方を改善!

運動療法はしっかりとふくらはぎを動かすのが良い!

オススメは30分のウォーキングを週に3回!

3分歩いて1分休憩!

血管を広げたり、繋げる手術が効果的だそうです!

しかし、手術する前のフットケアで手術しなくてもケア出来るそうですので、気になる方はぜひ軽めのウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか(^^♪

足病医「泉有紀」先生の病院は?

番組内で登場した『足病医』というお医者さんはどこにいるのでしょうか?!

発見しました(^^♪

独立行政法人国立病院機構「京都医療センター」

住所:京都府京都市伏見区深草向畑町1-1

電話:075-641-9161

公式ホームページはコチラ♪

しかし…現在、泉有紀先生は足研究の為に臨時雇用しているという事で患者さんの診察は行っていないという事です…(´;ω;`)

でも、足病医さんが研究の為に所属している病院ですから実績や経験は豊富なはずですので気になる方はぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか(^^♪

ガッテン/足梗塞に関するまとめ

いかがでしたか?

ごはん時にはキツイ画像もありましたが、事実この病気で足を切断する人が増えているという事です。

ただの痺れと侮るなかれ…早期発見としっかりとした治療をしていきたいですね(/ω\)

最後までご覧頂きありがとうございました(^^♪

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする